エンシェールズのカラーバター使い方は?愛用者のワタシが紹介

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

 

エンシェールズのカラーバターをつかってみた

カラーバターの使い方にはコツとポイントがあります。

また、何も考えずにカラーバターを使うと周囲や衣服が汚れてしまうので、今回はカラーバターの使い方と併せて、カラーバターを使う時の注意点もご紹介いたします!

カラーバターとは


カラーバターは、有限会社クリップジョイントが販売するエンシェールズシリーズの商品です。

90%以上がトリートメントでできているトリートメントそのものなので、髪をケアをしながら染めることができます。

カラー剤ではないのでカラーバターをして色が落ちて、再びカラーバターで染めても傷まないのがポイント!

カラーバターの色持ちは公式では約1か月と言われていますが、実際にカラーバターで染めてみて2週間がボーダーラインでした。

2週間を過ぎると色落ちが目立つようになり、違う色に変化しますが、またそれが良いという方も多く居ます。(私もその一人)

カラーバターは全25色の豊富なカラーラインナップで、手持ちのトリートメントと混ぜて色を薄めたり、カラーバター同士を混ぜてあなただけの色を作ることができるので、あなたがなりたい髪色のカラーになれます。

参考エンシェールズ カラーバター

例えば、よりで明るく個性的な髪色にしたい場合は、事前にブリーチを2~3回やっておくと思い通りの髪色になれます。

ブリーチ後にカラーをするダブルカラーは髪へのダメージが大きいので、ブリーチ後はトリートメントが主成分のカラーバターで染めるとダメージを減らすことができます。

また、ダブルカラー後のメンテナンスにもカラーバターはおすすめです。

「好きな髪色に染めたい!でも髪の毛が傷むし…」という方に私は、カラーバターをおすすめします。

Amazonでカラーバターを買う

カラーバターの使い方

  1. シャンプーしてしっかりタオルドライをする(リンスやトリートメントは付けない)
  2. 髪の毛が長ければブロッキングをして分ける
  3. 使い捨て手袋をつけてからカラーバターを手に取り、直接髪の毛につける
  4. 全体にカラーバターが行きわたったら、ラップをして30~60分パックする
  5. ぬるま湯でしっかり洗い流す。この時シャンプーはしない
  6. タオルドライをして、低温で乾かす

カラーバターの使い方はとてもシンプルです。

専用の道具は一切必要なく、使い捨て手袋やブロッキングに必要なヘアゴムは100円ショップで購入できます。

カラーバターを使う時の注意点は、周囲が汚れないようにすることです。

衣類や家具・壁紙にカラーバターが付くと取れないので、カラーバターを使う時は汚れやすい所に新聞紙をしいたり、汚れても良いタオルや服を着て染めましょう。

私のおすすめは、前開きの汚れても良いパーカーやシャツを着ることです。

前開きだとカラーバターを洗い流す時にもたつきませんし、手や服にカラーバターが付くことを最小限に抑えられます。

シャワー後は浴室にカラーバターの色素が残っていると取れなくなってしまうので、洗い流したあとは浴室が汚れてないかしっかりチェックしましょう。

  • カラーバターを使う時は周囲が汚れないようにする
  • 汚れても良いタオルと服をつかう
  • できれば前開きのシャツを着る
  • カラーバターを洗い流した後は浴室が汚れていないか確認する

まとめ

  • カラーバターは90%以上がトリートメントでできているから髪に優しい
  • だから、ブリーチ後のメンテナンスにおすすめ
  • カラーバターを使う時は周囲や自分の服が汚れないように気を付けよう
エトウ
エトウ

ドン・キホーテやAmazonで手軽に買えるので気になったら早速チェックしよう!

Amazonでカラーバターを買う

この記事を書いた人

ブログ記事や企業のサービスPR記事などwebライティングを中心に2014年からライターを始め、現在は個人事業主としてライター業を本業にしています。

長男からは「ブロッコリー」と呼ばれる緑のババアです。

エトウをフォローする
ヘアカラー
Life Memo
タイトルとURLをコピーしました