マニパニとカラーバターの違いは3つある!どちらが良いの?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

マニパニとカラーバターの違い

カラー剤ではないので髪を傷めずに色んな髪色を楽しめる、マニックパニック(マニパニ)とカラーバター。

どちらも人気で、ドンキーホーテやAmazonなどで販売されていますが、カラーバターとマニパニの違いをご存知ですか?

どちらも同じようで、実は染め上がりに影響する違いがあります!

今回は、マニパニとカラーバターの違いについて、実際に使ってみた感想を交えながらご紹介いたします。

スポンサーリンク

マニパニとカラーバターの違い

カラーバターは、90%以上トリートメントが主成分でできている髪に優しく、カラー剤ではないので髪を傷める心配がありません。

25種類のカラーバリエーションから好きな色を選べる他、お気に入りの色同士を混ぜることで自分だけの髪色を楽しむことができます。

販売元は有限会社クリップジョイント。「エンシェールズ」は企業名ではなくシリーズの名称です。

参考エンシェールズ

一方マニックパニックの主成分は、ハーブと酢酸です。

1977年7月7日にニューヨークマンハッタンで誕生したブランドで、ティッシュ&タヌーキー(T&S)の姉妹が生みの親。

この当時まだテレビは白黒映像でしたが、生で見るステージでマニックパニックの個性的な“色”は世間に大きな衝撃を与えます。

マニックパニックはヘアマニキュアではなく、髪の毛のダメージ部分にイオン結合することで、毛髪表面の被膜を作らずパーマやカラーを直ぐにしても仕上がりに影響しません。

2013年にニューヨーク発祥のブランドを紹介する「ニューヨークオリジン」という番組で一躍世界中で話題となり、しなやかな指通りと艶のある髪色に仕上がるとして、現在では約50か国以上で愛されています。

参考REVO

参考よくある質問/FORCISE

大きな違いは主成分

カラーバターマニックパニック
  • トリートメントが主成分
  • 日本製
  • トリーとメントをしたような指ざわり
  • ハーブと酢酸が主成分
  • アメリカ合衆国製
  • しなやかな指通りと髪の艶が良くなる

これまでの話しをまとめると、マニックパニックとカラーバターの違いはこのような違いがあります。

でもどちらも髪に優しくて、仕上がりも指通りが良くなってツヤが出るなら、どちらを選んでも良いんじゃないの?と思った方が多いのではないでしょうか。

エトウ
エトウ

私もそう思ったので、両方試してみました!

スポンサーリンク

マニパニとカラーバター両方使ってみた

こちらの記事でマニックパニックとカラーバターの両方を使って、セルフインナーカラーを試しました。

実際に使ってみて、カラーバターは垂れ落ちない味噌のような質感で、マニックパニックはトリートメントのような、油断すれば垂れ落ちる質感です。

エトウ
エトウ

なので、染めている時はマニックパニックのほうが回りが汚れました…

その他の違いは、色の出方と色持ちの違い。

カラーバターはパステルカラーのような優しい染め上がりなのに対し、マニパニはビビットな「原色ッ!」というような染め上がりになります。

色持ちはカラーバターのほうが1週間程度長く持ちました。

まとめ

  • カラーバターはトリートメントが主成分の日本製
  • マニパニはハーブと酢酸が主成分のアメリカ製
  • どちらもカラー剤ではないので髪を傷めずに染めることができる
  • 私個人のおすすめはカラーバター
エトウ
エトウ

自分の好みと扱いやすさでマニパニかカラーバターのどちらを使うか決めよう!

この記事を書いた人

ブログ記事や企業のサービスPR記事などwebライティングを中心に2014年からライターを始め、現在は個人事業主としてライター業を本業にしています。

長男からは「ブロッコリー」と呼ばれる緑のババアです。

エトウをフォローする
ヘアカラー
スポンサーリンク
Life Memo
タイトルとURLをコピーしました